肌の糖化って、結構おそろしいもので、これを防ぐために我々は努力していく必要があるんですよね。

 

糖化って結局はお肌のさびってことなんですよね。酸化というか。

お肌にとってはいいことがないんですね。

いろいろと透過を防ぐための化粧品と言うのはあるみたいなのですが、これって本当なのかなぁとちょっと疑ってしまったりもしています。

人によって合う合わないってあると思うので、微妙なところなのですけど。

 

で、糖化と言うのは実際にはどういったことなのか、というといまいちピンとこないなんてことはないでしょうか。

まぁあんまりよくないというのは分かるんですけどね。
たん白質とか糖質が熱によって硬くなって茶色くなることを言うんです。

 

なんとなくありそうな表現じゃないですかね。
なんかこんがり焼けた感じですよね。小麦粉とか焼いた感じ。

透過性生物を作り出してしまうことなんですが、これをAGEsと表記したりもします。

これってパンとか小麦粉だけじゃなくって、残念なことに人間のお肌にもなってしまうしょうじょうなんですね。

で、それの対応ように化粧品があるということなので、有名なものを近いうちに紹介していこうかな、戸考えています。

ランキングとかもありますけどね。実際には本当なのかどうかもわかりませんけどね。

ちなみに化粧品では透過を防ぐなんてことはないんですね。

 

単なる応急処置か何かだと考えておいた方がいいでしょうね。

 

根本的な解決を望むのであれば、食べ物とかそういったところから改善していく必要がありますが、これもまた別の機会にかいていきたいと思っています。

 

<pr>

40代のための美肌対策は食べ物で大丈夫?

今注目されている糖化。
ちょいちょいききますが、一体どういったことなのでしょう?

もう一つ、よく聞く言葉で、肌さびがあります。

肌さびというのは、活性酸素によるもので、等価の場合は体の焦げだなんていわれています。
これってよくわかりませんが、なんとなくイメージできますかね。

どちらにせよあまりよろしくない症状だということがなんとなく想像できませんか。

具体的に言うと、食事で取った糖質が余ってきた場合は、これがたん白質と仲良くなって、細胞などをどんどん劣化させることを言うんですね。

で、これが進行していくとどうなるのか、というと、シワとかくすみやしみになって徐々に現れてくるんですね。

これってよくなくないですか。糖化ってなんだか良さそうなフレーズだっただけに、ちょっと嫌な感じだなって思いました。

 

AGEといって糖化最終生成物があるんですが、これは体内組織に作用してしまったりして、病気のもとになっていくんですね。それっていうのは動脈硬化とか白内障とかアルツハイマーとかいろんな病気に影響を及ぼしたりしてつながっていったりするんですね。

 

では、この「糖化」を防ぐためにはどういった生活をしていけばいいのでしょうか。と言うかそもそも透過を防ぐことはできるのでしょうか?

糖とたん白質が結びつく糖化。老化促進物質とされているAGEを作り出す原因とされています。

透明感が失われていったり、シミやくすみとなってしまったりといいことがないんですね。

唇のハリとかもなくなってきたりします。